空海を研究する会

空海を研究する会

MENU

空海の少年時代と佐伯氏

 

空海は、774年6月15日に讃岐国多度郡の郡司を務める佐伯直田公と阿刀大足の娘玉依御前の8人兄弟姉妹の第5子として生まれ、幼少期は佐伯真魚と呼ばれていました。

 

14歳になった彼は、都に出て下級官吏になった3男の魚主を追うように造営中の長岡京に上京し、穴穂部皇子誅殺した佐伯丹経手や蘇我入鹿を殺害した佐伯子麻呂など大和朝廷の重鎮を殺害した中央佐伯一族が長岡京に創建した佐伯院で4年滞在したとされています。

 

15歳時には、桓武天皇の皇子伊予親王の学士であった母の兄の阿刀大足に3年間漢籍を学んだとされ、18歳の時には現在の人事機関に相当する式部省の直轄管理下の官僚育成機関「大学寮」で行政を学ぶ「明経科」に入りました。大学寮明経科では、讃岐国寒川郡出身の岡田牛養や味酒浄成から毛詩や尚書の五経を学びました。

 

彼は、両親も自分自身も大和朝廷の高級官吏になると考えていましたが、奈良大安寺の高僧「勤操」からインドの記憶術「虚空蔵求聞持法」を授けられたことから私度僧侶になります。しかし、空海は「泥をこねれば仏像をつくり、石を重ねれば塔婆にかたどる」や「この子は生まれながらにして仏縁を具えている。

 

成長してからは仏の教えを広めるだろう。」など少年時代から仏教への帰依が定められており、実際に「捨身ヶ獄伝説」が残されています。

 

捨身ヶ獄伝説は、仏教で人々を救う覚悟を決めるとともに自分の覚悟を実現ができるかどうかを釈迦如来に聞くために捨身岳の断崖絶壁から身を投げた伝説であり、蓮華に座した釈迦如来が空海を受け止めるとともに一生成仏を宣言したとされています。

 

驚くことに空海は、我拝師山とも呼ばれる捨身岳の断崖絶壁から何度も飛び降りていたとされ、両親は空海を「貴物」と呼び大事にされたと言います。少年時代には、呉音の発音が強く見られる平安時代に漢音の発音を正確にしていたとされ、海の一族であった母方の「阿刀一族」の影響が大きく天才と呼ばれていました。

 

彼は、誕生日が6月15日とされていることから四大訳経家の1人にして真言密教の三蔵法師の1人とされる「伝持の第4祖不空金剛」の生まれ変わりとされ、遣唐使として訪れた唐でも中国密教を代表する恵果和尚から極短期で奥義を伝授されるなど天才であるだけでなく釈迦如来の加護が少年時代から彼を守っていたようです。

 

また、すぐ下の弟の真雅は、後に東寺の長者として真言宗と彼の遺志を担っていました。

空海の生涯と文化活動について

 

空海は小学校の社会の教科書にも掲載されている人物であるため、一度は聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。遣唐使とともに唐に渡り、密教を勉強して帰国してから高野山金剛峰寺を拠点として真言宗を創始しました。空海と並ぶ人物として、最澄がいますがこの人も空海同様に唐で密教を勉強し帰国してから天台宗を創始することになります。

 

逸話として、最澄の弟子が空海の元に出かけたまま戻ってこないため、早く弟子を戻して欲しいという手紙を最澄が送ったというものが残っています。このように、宗教に関連した歴史だけが残されているのではなく文化的な要素も絡めて説明されることも多いのです。そもそも空海という人物は、8世紀に誕生し当時から詩や文章を学び知識を身につけていきます。

 

青年期に都に出ると、大学に入りさらなる勉学に励むことになるのですがそこでは役人を養成するための学問に終始していました。ところが、こういった学問を嫌い仏教を学びたいと思うようになります。中国から帰国した頃の9世紀の日本国内では、疫病や悪い出来事が多く起こりそれを鎮めるためにも天皇が仏教の力を借りたいと願い、国家によって保護されるまでになりました。

 

密教は秘密の宗教というところからきており、その名の通り一般の人々では解き明かせない内容であったのですが、国家鎮護の要素を含んでいたため多くの人に信仰されることになります。文化活動にも積極的に貢献したという特徴があります。

 

例えば、東京都足立区に西新井という地名がありますがこれは弘法大師がこの地の西側に水があるから掘ってみよ、と伝えた結果その通りに水が出たため西に新しい井戸ということから名付けられたのです。さらには、香川県に満濃池というものがありますが弘法大師は堤防の作り方などの指導を行い、橋を架けたり漢方に関する知識を教えたという記録も残されています。

 

このような指導だけでなく、多くの著作も残しているのです。例えば、「篆隷万象名義」は日本初の辞書だと言われていますし「文鏡秘府論」などにより文芸評論を行ってもいます。日本最初のものを作り出したのはこれだけではありません。庶民を教育するための機関である「綜芸種智院」を開き、諸外国に負けないように庶民の教養を高めるための努力を行ってもいるのです。

 

大きな博物館では、弘法大師展が開催されることがあり多くの人で賑わっています。いかに貢献したかが分かります。